ココナッツオイル 
フィジー語名:Niuニウ
学名:Cocos Nucifera L.
オトギリソウ科


  • 抗菌 (お肌の清潔をサポート)
  • 抗酸化 (皮脂が酸化して起こる加齢臭のサポート)
  • 脂肪酸バランスを整える(ニキビ、乾燥肌のコンビネーション肌をサポート)
ノニ 
フィジー語名:Kuraクラ
学名:Morinda citrifolia L.
アカネ科 日本名:ヤエヤマアオキ


肥料を与えなくても年中実を付けるノニ。ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、と栄養として考えられるあらゆるものが凝縮されている命のフルーツです。フィジーの村では、朝1個のノニを木からもぎ取って食べなさい、というのがおばあちゃんの教え。子供達は我慢してその実を食べると言います。またフルーツの中にある発酵菌が自然発酵して自然にジュースが流れ出てきます。それがノニジュース。様々添加物を入れないノニジュースは本当はフルーティーな味です。アントラキノンという成分がお肌のコラーゲン製造機能を助けるという論文があり(Kim et al 2005)アンチエイジング素材としても注目されています。

ディロナッツオイル フィジー語名:Diloディロ学名:Calophyllm incophyllum L. (ギリシア語で“美しい葉”の意)オトギリソウ科 別名:アレクサンドリアンローレル太平洋に面するアジアの島々の海岸線沿いに生える木。実に含まれるオイルは、フィジーではココナッツオイルと合わせたマッサージに使用されます。オレイン酸、リノール酸が豊富で、リウマチ、切り傷、ニキビ跡、シミ、体臭などによいと言われています。村ではなかなか歩き出さない赤ちゃんの足に塗るそうです。抗菌、抗ウィルス作用、虫刺され、毒虫対策にも使われる、パワーあふれる植物です。プリミティブ(クリーム)に配合しています。
ブラウンシュガー フィジーは常夏で平均気温が25℃程度。サトウキビの育つ良い環境です。収穫時期になると製糖工場までトロッコ列車で運ばれる風景が懐かしい感じがします。ブラウンシュガーを精製する過程でモラセス(糖蜜)ができます。糖蜜にはマグネシウム、カリウムなどのミネラルが豊富で、保湿、美肌作用があることが知られています。グリコール酸というアルファヒドロキシ酸(AHA)が含まれており、皮膚の古い角質を柔らかくし、除去する効果があります。